歯周病と膵臓癌(がん)には関連性がある

歯周病と膵臓癌(がん)リスクを関連づける強力なエビデンス(証拠)を認めた研究結果が、米医学誌「Journal of the National Cancer Institute」1月17日号に掲載されていました。

研究著者で、米ハーバード大学公衆衛生学部疫学助教授のDominique S. Michaud氏らは、米国の男性医療従事者5万1,529人を対象に実施されている研究の16年間の追跡調査データを検討。歯周病の男性は、そうでない男性に比較して膵臓癌リスクが64%高いことが明らかになった。これまでに歯周病と膵臓癌の関連性を明らかにした研究はあるが、喫煙の有無で比較したものではなかった。今回の研究では、喫煙者と非喫煙者別の検討が行われ、非喫煙でも歯周病により膵臓癌リスクが2倍高いことが明らかになった。

Michaud氏は「両者を結びつけるメカニズムは不明であるが、一つの可能性として、歯肉疾患による炎症が膵臓癌を促進したことが考えられる」としている。歯周病患者では、心疾患に関与する炎症マーカーのC反応性蛋白(たんぱく)の血中濃度が高く、また歯周病と心疾患の関連性を指摘する研究もあることから、炎症が癌細胞形成を促進していることが考えられる。

同大医学部医助教授のEva Schernhammer博士は「研究結果は非常に興味深い。膵臓癌は十分に知られていない疾患の一つだが、罹患すると生存率は非常に低い。今回の研究は、膵臓癌では炎症が重要な役割を果たしていることが確認された」と述べている。

Michaud氏は「今回知見は、歯や口腔内の健康に留意が必要なさらなる理由を提供している。 ただし、重篤な歯周病の人は膵臓癌にすぐ直結すると心配することはない。恐ろしいがまれな疾患だ」と述べている。

(2007年/HealthDayNews)

日本国内の年間約30万人にのぼるがん死亡者のうち すい臓がんの状況を調べてみると 毎年約2万人の人がすい臓がんを発症していますが、ほぼ同数の2万人の人がすい臓がんで亡くなられているのが現状です。

男性での死亡数は肺、胃、肝臓、結腸(大腸)に次いで5番目に多く、全がん死亡の5.9%を占め、女性では胃、肺、結腸(大腸)、肝臓、乳房に次いで6番目に多く、全がん死亡の7.8%を占めていました (2002年の統計調査より)

手術が行えたとしても3年以内に再発する可能性が極めて高く、5年生存率は10〜20%程度とされています。ただし、この統計はすべてのステージの患者を合計したもので、摘出するすい臓がんの大きさが2cm以下であれば5年生存率は約30%、それ以上の大きさであれば約10%程度となっています。
すい臓がんにおいても初期のうちに発見して治療することが重要です

歯周病治療が万能とはいえませんが 色々な病気を予防することが出来るのならば 
毎食後の歯磨きや歯間ブラシの使用などおやすい御用ではありませんか 

皆さん 今年も頑張って歯磨きしましょう


トピックスに戻る               トップページに戻る