インプラントの語源

インプラントとは歯を抜いた際に、その失った部分を補うための治療法の一つです。
そもそも「インプラント」とは、何かを「埋める」ことを意味する言葉で、医学の世界では整形外科の人工関節など
骨に埋め込む治療で多くの実績があります。
歴史的に人間は、失った自分の体の一部を何かで補うことを考え続けてきました  古い時代から既に貝殻や、
動物の歯や骨を「インプラント」して歯の代わりをつくっていた事実が報告されています。

スウェーデンの学者、ブローネマルク博士が実験中チタンの板に骨が結合する現象を発見しました。
上の写真は1931年、ホンジュラスで発見された歯の形の貝殻が埋められた人の下顎   紀元600年頃のものです

インプラントの素材

Copyright(C) 2012 YONEDA DENTAL CLINIC. All Rights Reserved.

最近まで、金、サファイア、鉄、ステンレス、アルミニウムなど様々な材料が研究されましたが、
いずれも良好な結果は得られませんでした。
ところが、1965年、スウェーデンの学者、ブローネマルク博士が実験中チタンの板に骨が結合する現象を発見し、
研究を重ねた結果、革新的に安全なインプラント治療が発達し、現在のインプラント治療が確立したのです。

インプラントの構造

インプラントの構造は下記のように、上部構造・アバットメント・インプラント体(フィクスチャー)の大きく3つの部位に分けることができます。

インプラント - 上部構造・アバットメント・インプラント体(フィクスチャー)

インプラント治療の実際

埋め込み部の骨が元々しっかりしている方は、検査診断後すぐにでも
インプラントの埋入手術が受けられます。

骨量のある方のインプラント手術方法

最近では、CTなどの診断技術の向上、器械・術者の技術の向上によって以前には不可能と言われていた方でも治療することが可能な場合も多くなっています。
また、通常の方法に加えて、骨の状態が良い場合には手術の当日に仮歯を装着してしまう方法なども行われるようになっています。(即時負荷)こちらも適応できる方、できない方がいらっしゃいますので、よく説明を受けてください。