最近 冷たいものがしみるという患者さんがよく来院されます 
その方たちに 「何か よく口にする食べ物、飲み物はありませんか」 とお聞きすると
健康のためにお酢を飲んでいるとか炭酸飲料水を飲むという場合が多いように思います

従来からのむし歯予防の情報で 甘いものが原因だということはよく知られています 
でも甘い食べ物や飲料水が直接 歯を溶かす働きを持っているわけではありません 
実はS.ミュータンスという菌に代表される虫歯の原因菌が糖を利用して酸を作り その酸が歯を溶かしているのです   
ですから砂糖水に歯を入れておいても酸産生菌がない状態では何の変化も起こりません  
余談ですが子供たちの中には虫歯菌などといわれるのでバイ菌が歯を食べているといった勘違いも多いのです 
今後は正しい説明と表現が必要だと考えています

一方で 炭酸飲料水やビタミンCを多く含んだ飲料水などは図に示したように最初から酸性ですから
虫歯菌がいなくても直接 歯を溶かしてしまいます 



その結果 生きている歯では刺激に敏感になり知覚過敏症になったり虫歯になったりします 
神経を取った歯では痛みは出ませんが虫歯が多発しやすく歯が欠けたり折れたりしやすくなります 

逆流性食道炎といって胃液が食道に逆流することによって起こる病気がありますが 
口まで胃液が逆流してしまう場合にもやはり歯の酸蝕が見られます

酸蝕歯を予防するためにはどうすればよいのでしょう
酸性の飲料水をとりすぎないことが大切です しかしまったく酸性の食品をとらないなど
過剰に神経質になりすぎる必要もありません 私たちの唾液の中にはリン酸イオンや重炭酸イオンがあり
口の中を中性に保つ働きがありますので正常に唾液が分泌されていればある程度の酸は中和されます 
薬の影響などで唾液が出にくくなっている方では口内が酸性に傾いた状態が続きやすく注意が必要です 
また食べかすが残っているとその中では酸性の状態が続き酸蝕が起こりやすくなりますので
毎食後にしっかり歯磨きすることもやはり酸蝕歯の予防効果があります

お酢やビタミンCを取りたいときには すばやく飲み込んだり取ったあとにすぐ洗口のがよいでしょう
重曹(重炭酸ナトリウム)のごく薄い水溶液でうがいする(中和する)のもひとつの工夫です 

Copyright(C) 2012 YONEDA DENTAL CLINIC. All Rights Reserved.

酸蝕歯のおはなし